ゼニカルで効率的なダイエットをしよう

若い頃は食事制限をしなくても、基礎代謝が高いから太ることはありません。
私も20代までは脂っこい料理を週に何度も食べていたのですが、体重は今よりも5キロは軽かったです。
それが30代になると急に太りやすい体質に変わってしまって、脂っこい食事を食べた後はもちろん、食事制限をして気を遣っているときでさえ、体重が増えても減ることはありませんでした。

そこで基礎代謝を上げるために筋肉を付けるトレーニングをしたり、ランニングをしたりして対策を採ったのですが、今度は疲労から甘いものを食べ過ぎてしまったり、お腹がすいて脂っこい食事を取りすぎてしまうようになってしまいました。
このままではいけないと思い、今度は色々なダイエット商品を探すようになりました。

そこで出会ったのがゼニカルというダイエット医薬品です。
医薬品というだけあって、アメリカのFDAに認可されていて、臨床データなどもきとんとあるのが特長です。
世界的に売上が伸びている理由は食事を抑制するタイプの商品ではないということです。
ゼニカルの主成分であるオーリスタットが、体内に入った脂肪分に働きかけて、30%の油分を吸収させずに体外へ排泄してくれるのです。
ですから、ゼニカルは肥満解消やその予防に効果を発揮してくれます。

もっとも脂肪の吸収を抑制するだけで、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果はないのですが、カロリーを減らすことができれば、内臓脂肪や皮下脂肪は自然と減っていきます。
ただ、ゼニカルにはベータカロチン、ビタミンEといった脂溶性栄養素の吸収まで抑えてしまうという副作用があるので、その点だけは注意してください。
できれば、これらのビタミン類を食事やサプリメントで補うようにするといいかもしれません。
服用方法は食事から1時間以内に、1錠を水と一緒に服用するだけです。

回数は1日3回となっていますが、基本的には脂質の吸収を抑える薬なので、食事を抜くときなどは飲んでも意味がないです。
また、脂質の少ない食事を摂ったときも同様で、あまり効果が得られません。
ゼニカルはもともと欧米の脂分の多い食生活の対策として開発された医薬品です。
できるだけ揚げ物のなど脂質の多い食事のときに使用することをお勧めします。
また、あくまでも脂質分を30%カットするだけなので、食べすぎには注意する必要があります。
いつもの食生活におけるダイエットの中でリバウンドで脂っこい料理を食べてしまったときなどに使用すると、効率的なダイエット効果が期待できると思いいます。
価格は売っているサイトによって異なりますが、大体1錠あたり100円前後であることが多いです。
正しく使うことが出来れば、きっとダイエットを成功に導いてくれるでしょう。
ちなみに私は脂っこい食事を食べすぎてしまったときにだけ使用し続けて半年で5キロ痩せました。
脂質の吸収を抑制してくれる効果は間違いなくあるので、参考にしてみてください。

Comments are closed.